野田市 インプラントなら『グリーン歯科・矯正歯科( 関宿グリーン歯科)』

TEL:04-7196-4700千葉県野田市親野井97-9

治療に来られる前にInformation


歯医者の治療って解りづらい」そのように思われた方もいらっしゃると思います。
当院では、できるだけ患者さんとのコミュニケーションをはかり、歯科の治療を理解していただくためにこのページを作成いたしました。

記載している内容は、当院で行っていることなどを前提にしていますので、厚生労働省、日本歯科医師会、歯科関係サイトで説明していることと若干違うところもあります。
また内容については、患者さんが見ることを前提に簡潔に書いているので、他医院の歯科医師さんとの見解が分かれることもあります。

なるべく簡単に書いていますので、週刊誌を読むような感覚でお読み下さい。


知ってますか?虫歯の原因

子供たちは、甘~い“おやつ”が大好きです。しょっぱいお煎餅が好きという人は少ないですよね。
でもお母さんやお父さんは「甘いお菓子を食べると虫歯になるからダメ!」と思う方が多いのも事実です。

確かに、お菓子に含まれる糖分が虫歯の原因となることは確かです。しかし糖分はお菓子だけでなく食事などで口にするご飯や多くの食品にも含まれています。
虫歯は、歯の表面に付着した細菌が食べ物の中の糖分から酸をつくり歯を溶かしていきます。

虫歯の原因は“甘いおやつ”ではなく食後にしっかりと歯を磨かないことが原因の多くとも言えます。

ですから食べた後は歯をきちんと磨いて、食べかすを落としておくことで虫歯の発生を抑えることができます。

虫歯になりやすいのは、糖分(砂糖)を多く含んでいるお菓子ですが、右の表からもわかるように歯にくっつきやすいものや、口の中に長く入れているものには気をつけましょう。糖分が少なく(または無く)ても、お口に残ってしまうものもあります。

また、おやつをだらだら食べていると、お口の中が酸性になって歯が溶けやすくなります。おやつは時間を決めて食べ、食べたら必ず歯を磨く習慣をつけましょ


カルシウムは歯の育成に大切

牛乳を飲んでますか?バランスのとれた食事を摂っているつもりでも、知らず知らずのうちに不足してしまうのがカルシウムです。
カルシウム不足とは、血中にあるカルシウム量が少なくなり、これを補うため歯や骨のカルシウムが血液中に溶け出し、歯や骨のカルシウム密度が低くなり崩れやすくなることを言います。

成人の体重60kg中、約1000g(約16%)にカルシウムが占めており、そのカルシウムの99%が歯や骨に含まれています。
歯や骨は、私たちの身体の皮膚や内臓と同じように新陳代謝を行なっており、カルシウムを適量に摂ることは毎日の食事バランスでも必要で、成人の場合1日600mg摂るのが望ましいと言われています。

カルシウム不足を補うためには、日本で昔から食べられている小魚・大豆食品・野菜・海藻類を摂ることが効果的です。
しかし、これだけではカルシウムの絶対量が不足しがちですので、加えたいのが牛乳と乳製品です。

牛乳の摂取量は、学校給食のある頃は1日260ml取れますが、給食から離れると急に減少し成人では1日130ml程度になってしまいます。
食生活に牛乳や乳製品を増やすことがカルシウム不足を解消し、同時に歯と骨の生育・維持に良い方法となります。

関宿グリーン歯科の特徴

関宿グリーン歯科
〒270-0227
千葉県野田市親野井97-9
電話:04-7196-4700(代)
国道16号近く
野田市関宿バスターミナルそば
アクセス楽々/駐車場あり
野田市の歯医者さんへのアクセス
24時間予約システムはこちら
【診療時間/休診日】
AM10:00~PM1:00/PM2:30~PM8:00(土曜はPM5:00、日曜はAM10:00~PM1:00)、休診日は金曜/祝日
【混雑予想マップ】
混雑予想マップ